住宅

【永遠の大論争!20代必見】結局のところ賃貸と購入どっちがいいの!?

これはよく話題に上がるものの一つ。私も周囲によく聞かれます。

正直、どっちが良い・悪いというのはありません。

今回は、それぞれのメリット・デメリットを把握した上であなたにとってどっちの方が要望に合っているのか知っていただければと思います!

賃貸のメリット

最大のメリットは住み替えを気軽にできること。

家計事情がピンチになったら今よりも家賃の安い賃貸にすぐに引っ越すことができたり、近隣トラブルや、転勤や転職など生活環境が変わるタイミングで簡単に別の賃貸に引っ越すことができます。

新築で購入したとしても10年くらい経てば性能や設備、外観や内観はどうしても古くなっていきますが、賃貸の場合は常に最新物件に引っ越すことができるので中古物件は嫌だと言う人には向いているかもしれません。

そうした個人の事情にすぐに対応できるのは賃貸ならではの魅力ですね。

資金面でいうと、購入と比較して初期費用を安く抑えることができますし、住宅ローンや固定資産税などを払う必要がありません。

ローンを組むという行為自体に「借金を抱える」と不安に思われる人も少なくありません。

また、住まいに何かあったときは基本的に大家さんや管理会社が対応します。

たとえば、エアコンや給湯器などの住宅設備が壊れたときの修理代は基本的に大家さんが負担してくれるなど、面倒事を避けたり個人間トラブルになりにくいのも賃貸のメリットの一つです。

賃貸のデメリット

住み替えが簡単にできる分、そのタイミングごとに引っ越し料金や敷金・礼金・仲介手数料が数十万円程度発生します。住み替えなくても数年ごとに更新料が発生することもありますよね。

ただ、家賃は掛け捨てです。

家賃の支払いが一生続く上に資産にならないというのは最大のデメリット。家賃を払い続けるのがもったいないという理由で購入を希望する人は多いです。

定年退職後も家賃がかかるため、家賃や上記の支払い料金を考えると1000万円以上となる額が必要となります。

老後があと何年続くのか読むことはできないため、年金以外の老後資金も考えていかないといけないですね。

また、賃貸物件は単身者やDINKs(=Double Income No Kids:共働きで子供を意識的に作らない夫婦のこと)など少人数世帯向けが多いため、特に都心部などではファミリー向けの物件を探しにくいケースがあります。

子供が生まれて手狭になったタイミングで住み替えを考えないといけなくなるでしょう。

購入のメリット

賃貸と同じ月々返済額だとしても、賃貸よりも比較的広くてハイグレードな性能や設備のついた家に住むことができます。

子供の成長や家族構成の変化に応じて、間取り変更やバリアフリー改築など自由にリフォーム・リノベーションすることができるのも持ち家ならでは。

また、住宅ローンを完済すれば毎月の支払いは管理費など安い維持費で暮らすことが可能になります。

収入がなくなった老後でもマイホームで安心して暮らすことができるんです。

年金問題は今の日本の課題でもありますね。住む家があるだけでその不安が軽減できますし、子供や孫など後の世代に資産を残すことができます。

もちろん築年数や劣化状況などで資産価値は異なりますが、戸建ての場合は土地もあるのでその分も資産になりますね。

また、転勤や転職をすることになったとしても売却や賃貸に出すことができるなど、購入が無駄にならない仕組みもあり、ローンを借りている金融機関に返済額の一時的な減額などができるかどうか相談もできます。

万が一、世帯主に何かがあったときは団体信用生命保険などでローンは支払い免除になり、残された家族に返済負担が残らないところも住宅ローンを組む上でのメリットですね。

購入のデメリット

初期費用は頭金や諸費用など数百万円はかかります。

さらに長く住むためのメンテナンスコストやリフォーム・リノベーション費用もかかっていきますね。

家が損傷なんかしたら地震保険や自己負担での修理も必要です。(マンションの場合は管理費などで賄う場合もあります。)

日本は地震大国なので、いつどこでどんな大地震が来るのか予測はできません。

戸建て(特に注文住宅)を建てたときの費用については以下の記事をご参照ください。

▼詳しくはコチラ


いかがでしたか?

賃貸の生涯住居費は約6465万円ほど、購入の生涯住居費は約6350万円ほどと言われています。

それほど差はないと感じる人もいるかもしれませんね。

賃貸家賃や購入費用などご自身の要望や条件次第で生涯住居費は様々なので、賃貸の方が安くなることもあれば高くなることもあるかと思います。

それでも資金面で不安のある人は一度FPプランナーなど専門家に相談するといいですね。

どちらの方があなたに合っているのか、ぜひじっくり考えた上で決断してみてください!

-住宅
-, , , ,

© 2020 でこぼこ姉妹の資産形成note Powered by AFFINGER5