住宅

【買うならどっち!?】新築物件と中古物件の違いとは

夢のマイホームが欲しい!だけど、いっそ新築物件を買うか価格を抑えて中古物件を買うか、どっちが良いのかと悩む人も多いはず。

そこで、今回は新築物件と中古物件のメリット・デメリットについてお伝えしたいと思います!

▼前回の記事も合わせて読みたい!

新築物件のメリット

何と言っても新しいということが最大のメリット!

最新設備や最新性能で仕様が充実しているため、資産価値に将来性があるのが特徴です。最近では、床暖房やLED照明、オール電化、システムキッチン、ディスポーザーなどを備えている物件も多くなっています。オプションで設備のグレードアップが可能なケースもあります。

新築物件を購入する場合、売り主や施工者には10年間の瑕疵担保責任が義務づけられるため、その間は基礎や柱、屋根などの主要構造部分は無償で保証を受けることができます。また、新築だとまだ建物の傷みもないのでメンテナンスコストは当分かからないというのもメリットですね。

設計面でいうと、中古物件よりも新築物件の方が天井が高かったり、バルコニーの奥行きが広いことが多く、開放感も感じやすいでしょう。間取りのバリエーションも豊富です。

そして、マンションや戸建てに限らず、新しい開発地や再開発地で利便性の良い立地を選ぶことができます。

特に新築の分譲地では世代の近い家族が一斉に入居する傾向にあるため、コミュニティに安心感が持てますね。

新築物件のデメリット

中古物件とまったく同じエリア、間取り、仕様などの条件で比べてしまうとやっぱり価格は高くなります。建物部分には消費税が課税されたり、新築物件を宣伝するための広告宣伝費や人件費、販売促進費などのコストも上乗せされるからです。

ただ、購入諸費用は新築物件の方が安くなることも。(物件価格の5%以内で収まったり、仲介手数料が不要となったり、不動産取得税や登録免許税が軽減されるケースが多いです。)さらには、今だと住宅ローン控除など税制面での優遇も受けることができます。

また、建物が未完成の状態で販売される「青田売り」のケースももちろんあります。マンションの場合はモデルルームを、戸建ての場合は図面を見ることしかできないんです。そのため、入居してから「イメージと違う・・・。」という風に後悔することも少なくありません。

中古物件のメリット

一方、中古物件は物件数が多いため、希望エリアで探しやすいです。しかも、スーパーや学校、病院などの生活設備の近くで好立地なことも多いです。

情報誌やネットだけでなく、仲介会社にも探してもらうことができるため未公開情報をゲットできることも。青田売りの可能性がある新築物件とは異なり、しっかりと自分の目で立地や間取り、快適性などを見た上で購入できるのもメリットの一つです。

そしてもちろん、価格が新築物件と比較して割安なところですよね。多くの場合、個人売り主なので市場価値で合理的に物件価格が決まることが多く、消費税もかからないからです。場合によっては、エアコンやカーテンなども売り主から譲渡されることもあります。

立地や価格重視の人には中古物件はオススメです!

中古物件のデメリット

築年数にもよりますが、最新設備や性能ではないためどうしても仕様に不安があります。

築年数が増えれば増えるほどLDKタイプではなくDKタイプのものやシステム化されていないバス・キッチン・洗面台のままの物件も多く、不便です。昔の建築基準法で建てられた古い物件だと天井が低く、リビングが狭く見えがちな設計だったりして、結局リフォームやリノベーションをする人もたくさんいます。

そうなると、水回り設備は一新しないといけないですし、ディスポーザーなど最新設備を新たにつけたいと思うとプラスアルファで費用がかかるので合計で1000万円以上かかってしまうことも。結局、販売価格以上に将来的なコストが上乗せされることは覚悟しないといけません。そして、その将来的なコストがかかるのは新築物件よりも近い未来です。

また、後から入居する分、コミュニティにも不安ができてしまうこともデメリットですね。


いかがでしたか?

新築物件も中古物件もどちらが良い・悪いというのはないです。ただ、「あまりにも古いと怖い!」という人もいるかと思いますので、中古物件を購入する場合は念のため専門家に住宅診断を依頼するとより安心できますね。

あなたが物件購入する上で何を重視しているのかを明らかにした上で、新築物件と中古物件を比較してどちらにするか判断してみると良いかもしれないですね!

-住宅
-, , , ,

© 2020 でこぼこ姉妹の資産形成note Powered by AFFINGER5