お金 投資 投資信託

NISA口座で買うべき投資信託「netWIN GSテクノロジー株式ファンド Aコース」のおすすめ理由と運用実績

外出できない日々が続き経済も低迷している今日この頃ですが、一方で証券口座の開設数は伸びています。株価が下がっている時期こそ、初心者が投資を始めるにはちょうど良い時期です。私は投資素人ながら、投資信託で日々のお小遣いを稼いでいますが、そんな私が資産を増やすことに成功している銘柄を紹介します。

「netWIN GSテクノロジー株式ファンド Aコース(為替ヘッジあり)」とはどんな銘柄?

楽天証券・マネックス証券などで購入できる銘柄です。 楽天証券では『netWINテクノロジー株式マザーファンド」を通じて、テクノロジーの発展により恩恵を受ける米国企業(メディア、テレコミュニケーション、テクノロジー、サービス等のセクターにおいて、インフラ、コンテンツ、サービス等を提供する企業を含む)の株式に投資する』と紹介されています。ちょっと難しいですよね。わかりやすく説明すると、米国のゴールドマンサックス社が、テクノロジー関連の会社に投資している銘柄という意味です。 投資先の上位5社は、「マイクロソフト」「アルファベット(Googleなど)」「Amazon」「Facebook」です。これらの会社だけで、30%以上の資金を投資されています。つまり簡単に言うと、米国の一流金融機関が、テクノロジーの最先端企業に投資をしている銘柄ということです。初心者の方にとっても安心材料になるのではないでしょうか。

この銘柄のメリットとデメリットは?

おすすめという記事タイトルで書いていますが、この銘柄のメリットとは、やはり世界の一流金融機関が世界の一流企業に投資をしていることです。投資をしたことがない方でも、なんとなくマイクロソフトの株を持っていれば儲けられそう…なんて想像しているのではないでしょうか。自分で米国株式に投資をするにはハードルが高いですし、世界の名だたる企業に投資をするには、それなりの投資金も必要です。この銘柄は1回100円~購入することができますし、NISA口座で積み立てることもできます。だいぶハードルが下がったのではないでしょうか。

また、このファンドは「分配金」がもらえる銘柄です。1年間に2回、基準価格に対し500円もらえていることがわかります。

2020年3月の目論見書より

配当金をだしていない銘柄も多いので、この金額は高いことがわかります。マネックス証券でも、この銘柄は“ 分配金利回り1位 ”として紹介されています。 基準価格が12,000円くらい(2020年4月)なので、12万円この銘柄を持っていると、配当金だけで半年に1回5000円もらえる、ということになります!分配金だけで嬉しいですよね。資産を増やしたい方は配当金は「再投資」する方が良いと思います!毎月分配型の投資信託も多いですが、「配当金は再投資する」が資産を増やすのです!

上記以外にもおすすめ理由があります。楽天証券の投資信託の中でも、ファンドスコアが「4」ととても高いです(※2020年4月時点)。投資信託の選び方やファンドスコアに関してはこちらの記事を読んでみてください。

逆にデメリットは、運用コストの高さになります。 投資信託は、運用会社(このファンドはゴールドマンサックス)に運用してもらう代わりに、ファンドの管理費用(含む信託報酬) を支払います。この銘柄の 純資産総額に対する運用コストは年率2.09%です。投資信託の数ある銘柄の中では高いと言えます。しかし、過去の実績を見てみると基準価格は数年見ても安定的に増えており、コストを何倍も上回る運用実績を誇っています。コストをかけている分リターンも大きいことがわかります。下図を見てみると、2009年から分配金を再投資した場合、価格が3倍以上に上がっていることがわかります。投資信託は長く積み立てることが前提ですので、コストとリターンの両面から考えて投資判断をしてくださいね。

2020年3月の目論見書より

実際どれくらいリターンを得られるのか?

コロナの影響で、株価や投資信託の価格は軒並み下がっていますが、さすがゴールドマンサックス。 私はちょうど3年前から購入していますが、3年前の基準価格を下回っていません。コツコツ積み立てている方は裏切られません!笑。 私は、コロナショックの前まではリターン利率が10~12%で運用できていました(今は2%前後に下がっていますが)。1万円売却すると1,000円のリターンがあったので、たまに一部解約をしお小遣いとして使っていました!

いつが買い時?どのくらい積み立てるべき?

まずは毎月一定金額の積み立て購入から初めることが良いと思います。初心者の方は月3,000円からの投資を意識してみてくださいね。 私は、NISA口座で毎月一定の金額で購入することに加え、アメリカのダウ平均やナスダック平均が下がった日に買い増しをしています。少しでもお金を増やしたいと思う方は、基準価格が下がっている時に買い増しをしてみてくださいね。今はまさに仕込み時だということがわかります。

月3,000円から始める投資はこちらもご覧ください!少しずつ投資をはじめてみてはいかがでしょうか?

-お金, 投資, 投資信託

© 2020 でこぼこ姉妹の資産形成note Powered by AFFINGER5