お金 投資 投資信託

投資信託の長期保有で失敗しない儲け方!ファンドスコアが下がった時の対処方法

投資信託は世の中に数万本ありますが、選ぶべき銘柄は、ファンドスコアが高い銘柄だとお伝えしました。ファンドスコアの詳細はこちらの記事をご覧ください。

https://fliblog.com/investment-trust-ai/

私は投資信託の保有歴3年以上ですが、長期保有していると疑問が湧きませんか?

「ファンドスコアが途中で下がったらどうすればいいの?」ということです。

例えば現在ならコロナ、その前は2018年末にかけた株価暴落…というように、株価が大幅に下がったまま、戻りが遅かったり上昇に時間がかかったりしているファンドがたくさんあります。ファンドスコアは相対評価のため、もちろんそのようなファンドはスコアの見直しが入ります。投資信託で長期的に利益を出したい方は、ここで手放すべきか売却すべきか、判断に迷うところでしょう。

私なりの結論はこうです。ファンドスコア3以下の銘柄は、利益が出てきるうちに売却すべし!

私の例で説明します。

投資信託でお小遣い稼ぎしている私ですが、2年間同じファンドを持っていると途中で利益を生みづらいファンドが出てきています。「三井住友・中小株ファンド」は購入時のファインドスコアは4以上。楽天証券経済研究所もおすすめするほどの銘柄でした。しかし、今は他の中小株と比べると明らかに上がりきれていません。コロナショックも重なり、スコアが4から3へ低下してしまいました。もちろん、コロナだからといって他の中小型ファンドでは順調に上がっているものもあるので、そろそろ見直す時期です。

参照:楽天証券 2020年7月17日

ファンドスコアは下がったが、評価額がプラス(評価益)の時の対処方法

私の場合、「全部売却」をしてしまいます。プラスなんだから、持っていれば良いじゃん、という考えもありますが、私はそうは思いません。せっかく投資をするのであれば、金のなる木に投資をした方が効率的です。なにより、ファンドスコアが下がってしまうと、新規で購入する人が減ってしまうので、これからさらに価値が下がってしまう可能性があります。例えば、先ほどの運用実績は下記です。

楽天証券 2020年7月10日

5年前と比べると、リターンよりリスクの方が上回ってしまっていますね(苦笑)このような場合、今売ればまだ利益が出るうちに手放してしまう方が賢明な判断と言えるでしょう。

投資信託の評価額がマイナス(評価損)の時の対処方法

正直、このようなケースが多いのではないでしょうか。いわゆる「塩漬け」状態…。賛否両論ありますが、私は「プラスになるまで買い続ける!」を実践して、損切することなく安定的に利益を出しています。

そもそも購入時はファンドスコア4以上で選んでいるので、時期が来ればいつかはプラスに転じるのが投資信託です(銘柄によって多少違います)。投資信託は株と違って損切りする必要がないのと考えると良いでしょう。リスクが小さいので、プラスになるまで、思い切って購入し続けましょう。資金に余力のある方はスポット購入もして、早くプラスを目指しましょう。プラスに転じたら、いっきに全部売却することをオススメしています。

売却後はポートフォリオの変更を!新しいファンド探しへ

全部売却すると今まで積み立てていた分、余剰資金が生まれますよね。売却したそのファンドだけの成長が遅いのであれば、同じような投資先のファンドの中から、ファンドスコアが今もなお4以上のものを、新たに買いなおせば良いのです

中小型のファンドとして、私はMHAM振興成長株オープンの方が今はおすすめです。このファンドを2年間保有していますが、私のリターンは12%以上と、かなり良いです。手数料は1.87%と高めですが、リターンも高いので個人的に好きな投信です。

楽天証券 2020年7月17日

ポートフォリオそのものを変化させたい場合は、新しいファンド探しをしましょう。

投資は自己判断ですが、失敗した時を見据えておくことが大切ですね。

-お金, 投資, 投資信託

© 2020 でこぼこ姉妹の資産形成note Powered by AFFINGER5